■ 人財という宝 ■

会社にとって一番重要なものは、高性能な機材や最新のシステムではなく「 社員の力 」であり、

私たちは社員を、会社の「 財産 」だと思っております。

土木のプロとして技術を売る前に、まず人間性を磨くことを第一と考えています。

「 素晴らしい社員がいる 」と言われる会社にしたい! 

それが我が社の願いです。


 

そのための第一段階として、各企業の面接官がどこを見ているかご存知でしょうか?

学歴? 資格? 経験? 年齢?…

それもあるかもしれません。 でも重要なのは「 人間性 」だったりします。

「 人間性 」ってどうやって判断するのでしょうか・・・

 

簡単に分かります!  家族と仲が良いか?です。

そこには協調性だったり、親・兄弟にしてもらった事への

感謝が出来る人か?の判断材料が隠れています。

仕事は相手(お客様)あっての事。

仕事も家庭へも人として「 感謝 」の心が大切なのです。

 

” 世界最古の企業 金剛組 ” の社訓にもありますように、

一番近くで支えてくれた家族に感謝が出来ない人は、

他人でもある「お客様」に心から感謝はできないと私達も考えます。


 


我が社では、誰からも「素晴らしい社員ですね」と言われるよう、社内外の教育制度はもちろん、

会社を支えてくれる社員の労に報いるため、各種支援制度を導入し、

多方面から社員一人ひとりと向かい合い、しっかりと応援していきます!


あなたと家族が安心してこの地で生活ができるよう、会社としてだけでなく、

東栄町として町ぐるみでもバックアップをしていきます。